電話番号:011-581-1961 FAX:011-581-1962

公園の古木

現在、真駒内公園内には、約13,200本(針葉樹3,800本、広葉樹7,300本、潅木2,100本)の樹木があります。(また別に自然木50,000本があります)

真駒内公園を含む真駒内地区は1876年(明治9年)、米国人指導者エドウィン・ダンが農場を開設し、その後、様々な歴史の中で多数の樹木が伐採されながら現在に至りました。

今回、札幌市の郷土史研究家 紺野哲郎氏の調査により、農場開設前からある推定樹齢135年以上の樹木が真駒内地区に31本あることが確認されました。

そのうち25本が真駒内公園内で生息されており、12月7日に紺野氏により樹種プレートが幹に取り付けられました。

真駒内公園内の推定135年以上の古木一覧表はこちら(PDF)