電話番号:011-581-1961 FAX:011-581-1962

施設ガイド

なりたち

真駒内屋外競技場は1972年に開催された第11回冬季オリンピック札幌大会の開会式と スピードスケート競技が行われた競技場で、北海道立真駒内公園に真駒内屋内競技場とともに、その偉容を誇っております。

このスタジアムは、冬期間はスケート場、夏期間は テニス、フットサルコートとして各種大会のほか一般の人に開放されており、トレーニング室も 開放されています。

そのほかスケート、テニス、フットサル、フォークダンスなどのスポーツ教室、幼児体育教室、 親子体育共室がおこなわれており、またコンサートなどの催物、テニス、フットサル大会や研修会、展示会、 大集会等にもご利用できます。

施設概要

敷地面積 約46,000㎡
施工 昭和45年(1970年)12月1日竣工
総工事費 13億6,000万円
建築概要 鉄筋コンクリート造り、地上2階建て、
1階5,119,83㎡、2階2,072,84㎡、その他343,00㎡
アリーナ面積 15,900,00㎡
スタンド
面積
18,770,20㎡
収容人員 17,324人
メインスタンド:7,562人(ロイヤルボックス席:125人、車いすスペース:36席含む)
バックスタンド:9,762人
施設設備 <冬期>スケートリンク、<夏期>テニスコート(最大8面)、
フットサルコート(最大4面)、テニスマシン専用コート(2面)、
会議室(5室)、更衣室(男女各2室)、シャワー室(男女各3室)、
サーキットトレーニング室